FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はずした指輪

2008年11月24日
大量服薬や泥酔、自殺未遂(と言ってもしようとするだけで行為自体はしていない)
が何度か続いた。

ある時指輪をはずした。
もう駄目だと思った。

その日も家に早く付き、ご飯の準備もせず
彼の席に座ってただ帰りを待っていた。
遅くなるのがわかっていたから
お酒も飲んでいた。
ふと左手の指輪が目に入った。

これに縛られているんだと感じた。
何度か仕事ではずした事はあったが、自分の意志ではずそうと思ったのは初めてだった。
遠距離中に二人で選んだ指輪。
婚約指輪にと、安くても気に入った物を選んだ。
クリスマス限定の金色でリボンが付いたケースに入った
きれいな指輪だった。

彼と私は結婚を前提に付き合っていたから
余計に指輪に縛られている気がして仕方ない夜だった。
横浜に幸せになりにきたのに。
正直ちっとも幸せじゃなかった。

酔っ払って倒れていると日付が変わるかそれくらいに彼が帰ってきた。
帰るというメールも電話も全部無視していた。
無視しないと、怖かったから。「今日はまだまだ帰れない」という文字や声を
見たくも聞きたくもなかったから。

ふてくされている私に向って彼が言った。
「何で指輪はずしてるの?」
少し怒っている声だった。
「別に、なんとなく?」
まだまだふてくされた私が答えた。

「ふたりで決めて買った指輪だよね。なんではずすの」
彼はまだ怒っていた。

そのあとの会話は覚えていない。
あの頃の記憶は飛び飛びだ。

ただ、私たちは喧嘩したまま次の朝を迎えない。
朝になろうと話し合う。

彼が早く帰ってくれないこと。
仕方ないとわかってても自分ではどうしようもなくなること。
大好きでいることには変わりないこと。
彼は彼で帰れないのは仕方ない。
それでも早く帰るように努力してると。

まだまだ二人ははじまったばかり。
乗り越えられると、彼はまた私に指輪をはめてくれた。

嬉しさの中、ほんのり心にある想い。
指輪を見つめながら
何度同じことが続くだろう。
何度目が最後だろうと。

彼の腕の中、私は眠りについた。







仕事を始める  メニューに戻る  両親との距離

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。