FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃の日常

2008年12月05日
彼と過ごしていた頃の日常は悲惨だった。
楽しい時も幸せな時ももちろんあったけれど。

週に5日働きにでている間私と彼が顔を合わせるのは
朝の30分。
私の方が早く家を出ていた。

夜せいぜい2時間会話をして終わり。
一日2時間30分しか顔を合わせない。
週末まで12時間30分しか一緒にいれなかった。
そんな毎日が虚しかった。

仕事に行って、彼がメールをくれる。
午前中はまだいい。
お昼にメールがこないと彼は忙しいという意味。
午後になるにつれ私は元気がなくなる。
「また今日も遅いのか。」
そう思うのが嫌だった。

そういう私も遅い日はあったけれど、
そんなときはすがすがしいのと
申し訳ない気持ちでぐちゃぐちゃしていた。

週末が来るのを楽しみにするのも怖かった。
彼は休日出勤する可能性があるからだ。
私の不安定さを見て断っていたようだったけれど
仕事だ。いついない日がくるのかと思ったら
気が気じゃなかった。

情けなかった。
大の大人が一人でいるのを怖がるなんて。
でもどうしようもなくこわかった。

だから期待しなかった。
期待しなければ、傷つくこともない。
そう思っても、心のどこかで
「今日こそは早く帰ってくるんじゃないかな」という期待を止めることはできなかった。
だからたくさん勝手に傷ついた。
勝手に怖がってた。
私にはどうにもできなかった。

土曜日休みだと二人で夕方まで寝ていた。
金曜の夜に朝まで飲んだり、話したり、ゲームをしたりしていたから。

すぐに日曜が来ていつも思ってた。
またあの一週間が始まるのかって。
逃げ場のない思いに押しつぶされそうだった。

期待を止めようとしたり、傷ついたり、平気な振りしたり、元気な振りしたり、
駄目になって薬を飲んだり、お酒を飲んだり、喧嘩したり、ループみたいな話をしたり。
どれかしか待っていなかったから。
辛かった。

一緒にいれて幸せだったけれど
本当に辛かった。
私も彼も。





両親との距離  メニューに戻る  


スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
« 足枷 | HOME | 両親との距離 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。