FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまり

2008年11月23日
一番症状がひどかった時は2008年2月から6月の半年間だった。

2008年12月、私は何もかも捨てて横浜にきた。
ただ愛する人と一緒になるために。
「なんの心配もいらない。こっちにこい」と何度か言われた遠距離恋愛の末だった。

血を吐きながら、休日が月に1?2回、点滴を打ち、残業200時間を超えてボロボロになった
私を見ていられなかったのだろう。

彼は優しい人だったから。

飛び出すように会社を辞め最終の新幹線に間に合わず、
タクシーに飛び乗った。自分の家につくとすぐ荷物をまとめ
車に乗り込んだ。
そのまま当時住んでいた仙台から横浜まで車を飛ばした。
初めての長距離運転だった。6時間くらいかかっただろうか。
ただただ一人で居たくなかった。
彼のそばに居たかった。
彼じゃなきゃだめだった。

今思えば、もう少し我慢すればよかったのかもしれない。
あんな風な最後になるのなら。






どん底だったときへ    序章へ

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。